文化・芸術

2010年2月 7日 (日)

俄―浪華遊侠伝―

司馬遼太郎の小説俄ですが、あまりにも面白くて今日を含め今までに4回ぐらい読んでます。幕末から明治大正にかけて凄い人がいたもんだと驚嘆しました。小説のモデルは小林佐兵衛という実在の人物で極道屋とか…でも、人間にとって地位や肩書きとかではなく何が一番大事かを達観してるところが凄い。メチャ惹かれる親方です。 まだ読んだ事のない方はぜひ一読をお勧めします。
大阪弁のやり取りが漫才の、ボケ突っ込みのようで面白いよ~(^_^;)

さすが大阪人司馬遼太郎です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)