« 2014年2月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年4月

2014年4月 8日 (火)

若い芽を摘むな!

お久しぶりです。

死んだか、潰れたかと思われたかもしれませんね〜、こう長いこと更新しないと。bearing




ちょっとだけ忙しくしてました。


その間、世間ではいろいろ騒がしいニュースが報道されてましたが、自分的にはやはり一番関心が高かったのはSTAP細胞の話題です。

ネイチャーに投稿された論文に不自然な画像があるとかで、著者の小保方晴子さんが理研の調査で不正があったと認定されました。

ニュースから一連の経緯を見てると、小保方さんに対する理研の対応の仕方になんか違和感が。

古参の研究者や権威に囚われている関係者が嫉妬のようなものはないのか?

論文に悪意の無いミスがあったと小保方さんが主張しているのに、彼女一人だけをイジメて、理研のメンツの為に感情的に不正の認定に持って行ったような、そんな気がしてならない。

代理人の弁護士が述べているように、どう見ても理研の規定にある不正に当たらないと私も思いますね。

あくまで素人の感想なんですがね!

ただ恐れるのは、そんな本質的で無い問題で、才能のある若い芽が摘まれやしないかということです。

パイオニア的な仕事は、初めは荒削りなのは当たり前で、それを継続して研究し本人や後進が緻密に仕上げて行くのが科学の進歩ではないのか?


今回の問題を見てて、研究のことより、なんか人事とか組織のいやらしさを感じたのは私だけなのか?


本来自然って、案外シンプルに出来てるものだと思うので、今回のSTAP細胞の発見は、生命発生の根源的な由々しい問題を含む大発見に違いない。

それだけに、小保方さんの悪意の無いミスは惜しいことです。

ともあれ、負けるな小保方さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年11月 »